総社の古民家改修工事
襖と障子で仕切られた和室は壁が一切有りませんでしたが、開口部分を減らし壁にしています。天井には地震などで発生する水平力による変形を防止するための「火打ち梁」を入れています。えんじ色の天井(大引き天井)は掃除し昔のままを生かしています。
建具は既製品ではなく手作り。床は唐松無垢板、今は真新しいですが、時間が経つにつれ馴染んでくるのが無垢材の良いところです。
玄関はリビングへ明りが入るようにすりガラス入りの引違い戸。右に見える木製建具は別棟の建物への入口。床下は基礎補強してあります。当然ながら古い造りで不便さが目立ちますが、はしごのような階段は少し緩やかに掛け直し、設備は最新の物に入替。クロスは全て張り替えて明るい部屋に変わりました。

電話はこちら お問い合わせ