新築-無垢材で家を建てる―
新築-無垢材で家を建てる―
 岡山無垢の家.comは、「安心で長く住める家」という理想を叶えるお手伝いをいたします。私たちが培ってきた確かな「職人の目」をもって本当の無垢材の良さ、自然素材の良さを最大限に活かし、本物の家づくりをさせていただくことをお約束します。
 「住まい」は、住んでから本当の価値が分かるものです。住むほどに味の出る、我が子のように手をかけたくなる家。私たちはお客様それぞれにとっての住みよい住まいづくりを目指しています。
岡山無垢の家.com(ビリーブ)の建築設計方針
 それぞれのお客様の個性やライフスタイルなどが、最大限に考慮された細やかなプランニングと住まい手の立場に立った住み心地の良さ、植栽や外構まで含めたプランニングに自信があります。
1.敷地を見極める
 敷地の周辺の道路幅や位置、隣地における住宅の建て方、窓の位置、空き地がある場合、 将来そこに建物が建つ可能性があるのか、無いのか。その敷地の持つ様々な条件を検討していきます。
 
 
2.窓の役割(風向きと窓の配置バランス)
 岡山地方は一般的に春から夏には東北東の風向きが多く、データとして残っています。立地により異なることはありますが、住まいを建てる場所を考慮し、風と光という自然エネルギーを最大限生かす為、窓の大きさ、形状、吊り元、を検討し効果的かつ効率的な通風採光計画を立て実現します。
 その他、視覚的配慮として、隣家の窓位置をずらす目線、美しい緑を眺めるのに最適な目線等、考慮したうえで窓の配置を決定します。
 このように住環境は「まど」に非常に影響をうけるものなのです。
 
 
3.家事を楽しくスムースに
 キッチンが孤立したスペースにならず、家族との会話、団欒の生まれやすいように、ビリーブでは「アイランド型」もしくは「2方向を開けた対面型」をお奨めしており、大変好評を頂いております。
 一般的には奥様が一番、家に居る時間が長いわけですから、日々の家事は洗面等も含めたスムースな動線が理想です。また、なるべく家族が顔を合わせる時間を長くする工夫とも言えるでしょう。
 
 
4.ライフスタイルによって変化できる間取り
 家族同士が触れ合う機会を増やすために、人の目線や動線、部屋のつながり、空間構成をうまく組み合わせる事を中心に考えます。
 基本的に部屋を使う目的を最初から固定しない事も実は大事なことです。家族は時間とともにあり方も変化していくものです。子供部屋など成長するにつれ、家具などで緩やかに仕切ってやればよいのです。このような可変性のある空間にすることが、大きく開放的な空間の取得。シンプルな構造がゆえに家自体も長持ちする結果となるのです。
 素材デザインのバランス:木や自然素材の美しさは他の素材・空間構成で、より際立ち美しく目に映ることでしょう。特にリビングはなるべくすっきりと開放的な空間にする事により、家族の気配をどことなく感じられる飽きの来ない心地の良い空間が生まれます。
 
 
5.自然物のすすめ
 美しく居心地のいい空間は家だけでできるものでは有りません。大事なのは自然です。自然をいかに取り込むかです。その為には庭を含めた外構がとても大切になります。
 隣家との目線を遮る植栽、街としての景観、木々を抜けて入ってくる心地よい風、木陰。このような自然のエネルギーを生かした「家づくり」をビリーブでは推奨しています。
 

大工棟梁の思い つくり手「十か条」
保証制度についてはコチラ
保証制度
 

 

電話はこちら お問い合わせ