スタッフブログ
スタッフブログ
この土地にはかつて江戸時代に建てられたであろう茅葺の母屋が有りました。 何十年も放置でしたので敷地内の木は鬱蒼と茂り、家の屋根は抜け落ちそのまま朽ちて行くのを待つような状態でした。 空き家問題は全国的な問題です。不審火や人の侵入など周辺にお住まいの方にとっても大きな不安要素になります。 今回はこの母屋、長屋門、庭木沢山を解体し、その後に新築住宅を建てます。

これから無垢の家ストーリーを始めたいと思います。

   
2019年10月11日
長い事時間がかかりましたが、ついに発売です。 「イエオ」というタイトルだそうです。 10月24日(木)発売。弊社も加入しています「岡山やさしい家つくり倶楽部」がつくる家の雑誌です。 加入の工務店の施工例などが載っています。 よろしくお願いいたします。  
2019年10月10日
真備町の仕事が終わりまして、今度は高梁市に現場が移ります。こちらのお客様と出会ったのは2015年に開催しました弊社の見学会でした。 さすがに4年前となると記憶があいまいでして、失礼しました・・・ ハウスメーカーのような営業をかける訳ではなく、技術やデザイン、家の良さを売るタイプの会社ですので、お客様に戻ってきて頂けるのは非常にありがたい事です。 家は大きな買い物であり、即決出来るものでは無いですからある程度時間のかかるのは仕方のない事です。 消費税は10パーセントに上がってしまいましたが。各種優遇制度も有りますので出来る限りお得に建てる事も可能かと思います。 またどんな家が建つのかは徐々にご紹介していきたいと思います。  
この土地にはかつて江戸時代に建てられたであろう茅葺の母屋が有りました。 何十年も放置でしたので敷地内の木は鬱蒼と茂り、家の屋根は抜け落ちそのまま朽ちて行くのを待つような状態でした。 空き家問題は全国的な問題です。不審火や人の侵入など周辺にお住まいの方にとっても大きな不安要素になります。 今回はこの母屋、長屋門、庭木沢山を解体し、その後に新築住宅を建てます。

これから無垢の家ストーリーを始めたいと思います。

   
2019年9月25日
出会いから大よそ1年。外構工事まですべて完成致しました。 私たちの使用している無垢の材料は手を掛けてあげれば長持ちする素材です。 どちらかと言えば昔ながらの建て方をしていることもあり、合板類は極力使用しないようにしています。 建物もですがこちらは調度品なども無垢の良い物です。 一世代では終わらず次の世代、また次の世代に引き継げる家をつくったつもりです。 ようやっと完成の日を迎える事が出来一安心しているところです。色々ありましたがこれからはなるべくゆっくりと過ごしていただけたらと思います。 長い間ありがとうございました。   完成写真ほ「施工例」ページでまたご紹介いたします。    
2019年9月24日
手作りに拘るビリーブとしては「建具」なども造作になります。 木も値段が上がる一方ですが、なるべく手作りの良さをお伝えしたく一つ一つ手作り致します。 費用的な事も有るのですが、主に杉で作製する事が多くなりました。 上のようにお持ちいただいたステンドグラスなどをはめ込む事も可能です。  
インスタグラム お問い合わせ